• ホーム
  • スポット検索
  • モデルコース
  • 旬の特集
  • イベント
  • アクセス
  • 観る
  • 遊ぶ
  • 食べる
  • 買い物する
  • 温泉・泊まる
  • 周遊する(交通)

広島県庄原市が誇る世界的UMAヒバゴン

かわいい ヒバゴン
1970年(昭和45年)、西城町の油木地区で謎の類人猿が目撃されました。
 身長1.6m、逆三角形の顔にゴリラのような体つきの怪物には「ヒバゴン」という名前がつけられ目撃者も増えていきました。「怪物の出る町」として西城町はマスコミで大々的に報道され、ついには町が「類人猿係」を設置するなど、町はじまって以来の大騒ぎになりました。 

ヒバゴンの特徴
○身長は1.5~1.6メートル
○足跡は27~30センチメートル
○体重は80~90キログラム
○顔は逆三角形で、人間によく似ている。しかし、全 体的に薄い黒に近い茶渇色の毛に覆われて、目が鋭 くギョロッとしている。
○頭には5.0センチメートルほどの黒に近い茶褐色の毛が
逆立っている。
○身体全体も黒にちかい茶渇色の薄い毛で覆われ、胸には白っぽい毛がみられる。
○動作は鈍く、人を恐れる様子は無い。

▽庄原市のPRキャラクターにもなっています。
http://www.city.shobara.hiroshima.jp/main/government/kohokoc...

ヒバゴン音頭2017とういのもあります▽
https://www.youtube.com/watch?v=4Jk9Oxh6igU 
スマートフォン版の表示で閲覧