• ホーム
  • スポット検索
  • モデルコース
  • 旬の特集
  • イベント
  • アクセス
  • 観る
  • 遊ぶ
  • 食べる
  • 買い物する
  • 温泉・泊まる
  • 周遊する(交通)
庄原だから体験できる内容満載!

庄原で花と緑を楽しむ

庄原市は四季折々に花々が美しく咲き、新緑、紅葉の山々も見事です。
広大な市域で標高差があることから、市内で約1ヶ月間、桜を楽しむことができます。
有名な「日本さくら名所百選の地・上野公園の桜」や「東城の三本桜」も見逃せませんが、あまり知られていない市域の名物桜、一本桜を巡るのもおすすめです。

山野草も豊富で、総領町には節分草の群生地が20ヵ所以上あり、西日本一の自生地とされ、2月中旬から3月中旬まで一般公開されます。また国営備北丘陵公園では、春はスイセン・チューリップ・ポピー、秋はコスモスが咲き誇ります。
毎年、春と秋には市内各地の個人宅などの庭園を巡る「庄原さとやまオープンガーデン」も開催され、一年を通じて花と緑を楽しめます。

庄原さとやまオープンガーデン

庄原さとやまオープンガーデン

庄原のまちを歩くと、お庭や花壇、壁、生垣へのガーデニングによる花と緑の演出が至るところで見られます。そんな花と緑のまちづくりを進める「しょうばら花会議」メンバーの個人のお庭を期間限定で一般公開しています。きれいないお庭を見て、ココロを癒そう!ご自宅のアイデアにもぜひどうぞ!《期間:春と秋》

しょうばら花会議ウェブサイト
桜の名所

桜の名所

庄原市はとても広く、また各地で標高差があるため、市内では約1ヶ月もの間、桜を楽しむことができます。

桜開花情報

国営備北丘陵公園 国営備北丘陵公園【特集】

四季を通して開花が続き、いつ行ってもカラフルな備北丘陵公園。青空と花だけで構成される約1.5ha花畑の大パノラマは、日常生活では味わうことができない開放感にあふれています。花の香に包まれてゆっくり過ごすのもいいし、中国山地のさとやまの自然と生活を体験できる「ひばの里」で、ほっこりするもよし。「庄原さとやまフェスティバル」のメーン会場としてガーデンコンテスト、寄せ植え、庭造りの講習会などを開催。年間を通して、花と緑に親しむことができ、育て方のノウハウも公開しています。ここで情報を収集して、”花と緑のしょうばら”をたっぷり楽しんで!

山野草

庄原市では、山野草も豊富で、節分草群生地や福寿草自生地などがあります。その他、新緑の季節から秋にかけてさまざまな山野草を観察することができます。

ヒゴダイ
比和町三河内地域で保存活動が行なわれており、地元では「ぼにばな(盆花)」と呼ばれ親しまれています。見頃は8月下旬から9月上旬。

福寿草
東城町久代の為重地区に自生する福寿草はミチノクフクジュソウの原種のみです。見頃は3月上旬から4月上旬。

節分草
総領町には自生地が40箇所以上確認されており、西日本一とされています。見頃は2月中旬から3月中旬まで。
旬の情報【節分草】
スマートフォン版の表示で閲覧