• ホーム
  • スポット検索
  • モデルコース
  • 旬の特集
  • イベント
  • アクセス
  • 観る
  • 遊ぶ
  • 食べる
  • 買い物する
  • 温泉・泊まる
  • 周遊する(交通)
庄原だから体験できる内容満載!

古事記への路をたどる

庄原には、イザナミノミコトの陵墓と言われている比婆山御陵をはじめ、古事記にまつわる伝説が数多く残っています。
熊野神社から比婆山連峰を経て比婆山御陵へと向かう「古事記の路」をたどって、古代ロマン溢れる日本神話に触れる旅そするのも庄原の楽しみ方のひとつです。

古事記に「出雲国と伯伎国の境の比婆之山に葬りき」と記されるイザナミノミコトの御陵が比婆山御陵です。この辺りのブナ林は国の天然記念物(ブナとしては全国で3箇所しかない)として指定されている。イザナミノミコトの御陵があることから、この地域は古くから神域として崇拝されていたため、たたら製鉄が盛んな地域にあっても伐採されず残ったものと思われる。
古事記の物語に登場する千引岩等の岩や越原等の地名が残り、山頂のイチイの古木(樹齢は2000年級)に囲われた巨石がある円丘が墳墓とされる。

熊野神社の千年杉
古事記に記された日本列島や様々な神を生んだ女神イザナミノミコトを奉る神社であり、安産祈願や子宝などのご利益がある備北屈指のパワースポット。参道には千年杉といわれる全国でも有数の巨杉群が残る荘厳な雰囲気は圧巻。

熊野の大トチ
熊野神社から車で3分程度の場所には国の天然記念物「熊野の大トチ」がある。大きな幹にはかつて10数人が入ったという大きな空洞があり、その大きさには驚かされる。

吾妻山
イザナギノミコトが、比婆山に眠るイザナミノミコトへ「ああ、吾が妻よ」と呼びかけたという言い伝えがあります。ブナの原生林が茂り、イワカガミなどの高山植物の宝庫です。
スマートフォン版の表示で閲覧