• ホーム
  • スポット検索
  • モデルコース
  • 旬の特集
  • イベント
  • アクセス
  • 観る
  • 遊ぶ
  • 食べる
  • 買い物する
  • 温泉・泊まる
  • 周遊する(交通)

五品嶽城跡

東城地域
観る
住所
庄原市東城町東城
営業時間
定休日
TEL
FAX

概要

備中・伯耆との国境に近い東城盆地に位置する。中世末期から近世初頭にかけての山城である。五本竹城・世直城ともいわれ、中世には宮氏・佐波氏が、続いて福島氏の城代である長尾氏が居城した。
本城は東城の町並みを眼下に見渡せる通称城山に築かれている。郭群は頂部の常の丸・太鼓の平(ここには庭園の遺構がある)を中心に北と東に延びる尾根上に集中するが、山麓にも杉の平・物見が丸などの郭が見られる。とくにカヤの平は、最大の郭(65×30m)で、石積の井戸・礎石・地覆石なども見られる本城の中心となる郭である。
この城は久代記(藤本)によると、戦国時代に宮氏が築城し、天文2年(1533)に宮氏が西城に大富山城を築いて移るまで、宮氏の本城とされた。五品嶽城跡は、中世遺構の上に近世初頭の技術が加えられている点に特色がある。近世初頭以降は手が入って折らず、完全に近い形で保存されており学術的に貴重である。

詳細

住所
庄原市東城町東城

スポット検索

エリアを絞る

周辺検索
五品嶽城跡の近隣スポットを検索する

・・・・読み込み中です

検索結果

スマートフォン版の表示で閲覧