• ホーム
  • スポット検索
  • モデルコース
  • 旬の特集
  • イベント
  • アクセス
  • 観る
  • 遊ぶ
  • 食べる
  • 買い物する
  • 温泉・泊まる
  • 周遊する(交通)

時悠館 秋・冬の企画展「庄原盆地弥生王墓誕生」

日程
2019年10月05日 (土)-2020年02月02日 (日)
時間
9:00~17:00
休業日
休館日:毎週水曜日(祝日の場合は翌日)
    年末年始(12/29~1/4)
場所
帝釈峡まほろばの里・時悠館
料金
・入館料:一般(高校生以上)400円(20人以上の団体320円)
中学生以下無料
エリア
東城地域
住所
庄原市東城町帝釈未渡1909
お問い合わせ
帝釈峡まほろばの里・時悠館
☎08477-6-0161
詳細URL
http://www.city.shobara.hiroshima.jp/main/education/shisetsu/cat01/cat/post_928.html
ファイル
近年、中国山地内陸部の庄原盆地で、考古学上の驚くべき事実が明らかとなりました。
それは、のちの「古墳」へとつながっていく出雲・吉備の「弥生王墓」の系譜をたどると、庄原盆地の佐田谷・佐田峠墳墓群に端を発していたことです。
"最初の王墓"は、なぜ、庄原盆地で誕生したのでしょうか。それは日本史において何を意味するのでしょうか。令和元年の節目に、王のルーツに思いを馳せてみませんか。
このたび時悠館では、佐田谷・佐田峠墳墓群を新たな地域資源として皆様と共有し、国史跡化の機運を醸成するため、学術調査の中核を担った広島大学考古学研究室と連携し、令和元年度の秋・冬の企画展「庄原盆地弥生王墓誕生」を開催します。


○展示内容
・王墓誕生にかかわる弥生土器とその仲間たち(佐田谷・佐田峠墳墓群、戸宇大仙山遺跡、戸宇牛川遺跡)
・土器パズル(戸宇牛川遺跡出土の「器台」)
・"さいしょの王墓"の大きさ体験
・各種写真・図版、解説パネル

○記念講演会「"最初の王墓"が意味するもの」(広島大学大学院文学研究科教授野島永さん)
・11/9(土)13:30~15:00

◆イベント予定(聴講者は当日入館料を無料とします。)
○10/5(土)展示解説会(オープン日)
・13:30~14:30 展示解説会(当館学芸員)

○11/9(土)記念講演会、展示解説会
・13:30~15:00記念講演会「"最初の王墓"が意味するもの」
(広島大学大学院文学研究科教授野島永さん)
・15:00~16:00 展示解説会(当館学芸員)

○12/7(土)講座1、展示解説会
・13:30~15:00講座1「史跡を生かしたまちづくり -2件目の史跡指定へ-」
(庄原市教育委員会教育部生涯学習課文化財係長今西隆行さん)
・15:00~16:00 展示解説会(当館学芸員)

○1/25(土)講座2、展示解説会
・13:30~15:00講座2「佐田谷・佐田峠墳墓群と備後北部をめぐる交流」
(広島県立歴史民俗資料館学芸員村田晋さん)
・15:00~16:00 展示解説会(当館学芸員)

○2/1(土)展示解説会(最終回)
・13:30~14:30展示解説会(当館学芸員)

※団体でのご見学・展示解説等をご希望の場合、事前にご相談ください。

マップ


・・・・読み込み中です

目的別に探す

2019年11
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2020年1
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2020年2
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

エリア別に探す

さとやまたいけん

体験・教育旅行

フォトギャラリー

よくある質問

twitter キョロやまくんのつぶやき

庄原市観光協会スタッフブログ

スマートフォン版の表示で閲覧