• ホーム
  • スポット検索
  • モデルコース
  • 旬の特集
  • イベント
  • アクセス
  • 観る
  • 遊ぶ
  • 食べる
  • 買い物する
  • 温泉・泊まる
  • 周遊する(交通)
  • ホーム
  • 庄原 雪山スノーハイキング

庄原 雪山スノーハイキング

【庄原 スノーシュー雪山トレッキング】 県民の森 2019.2.14

比婆山を雪山ハイキング
歴史を辿りながらスノーシュー体験

出雲峠まで片道2.4kmの銀世界へ、さぁ出発!

スノーシューは雪の上を歩くための道具として日本に古くからあるカンジキの西洋版といったところ。人間の足の裏の面積の5倍ほどの大きさフレームに、体重を分散させることによって雪に埋もれることなく歩くことができるのです。
この日は県民の森公園センターを出発点として比婆山の出雲峠まで、約2.4kmを往復するスノーシュートレッキング。アップダウンが少なく、距離も程よいことから初心者向けのコースとして知られています。

まずは準備体操のストレッチ。そして初めての人にはスノーシューの履き方、歩き方のレクチャーを受けます。
「ふるさとの風景を見ながら、心身ともに健康に歩きましょう」とツアーガイドがあいさつしいよいよスタート。

キツネ!?の足跡に興奮! 豊かな雪景色の中を歩く、歩く!

この日は気温0度。積雪は70cmほどの銀世界です。少し曇っているものの風はなく絶好のコンディションです。
スノーシューで歩く上で気をつけることは、自分のスノーシューを踏まないように少しガニ股で歩くこと、人のスノーシューを踏まないように前後の人とインターバルを取ること。そして途中で脱げないように休憩のたびにストラップの締まりを確認することです。またストックの持ち方も周囲の人に配慮します。
スノーシューの裏側にはギザギザがついているので雪をしっかりグリップ。初心者でも滑ったり埋もれたりすることはなく、一歩一歩、ふわふわのパウダースノーの感触を楽しむことができます。

この日の参加者は10数人。その内スノーシュー初心者は4、5人です。
コースはスギやヒノキ、ミズナラの林に囲まれた静かな山道。左手には沢があり時折せせらぎが聞こえます。ふんわり積もった雪の上には動物の足跡が! きっとキツネ。

橋を渡り、溝や木の根っこをまたぎ、出雲峠の広場に到着。ここで昼食です。お湯を沸かしてコッヘルでコーヒーを飲む人、写真を撮る人。それぞれにくつろぎます。

歴史とロマンを追体験できる出雲峠の魅力

出雲峠はたたら製鉄が盛んだったその昔、庄原から奥出雲・横田にかけて製鉄の物流用に必要な峠道。往時は人やモノの往来が多い道だったと言われています。また日本最初の夫婦神、イザナギのミコトとイザナミノミコトの神話の舞台になった場所でもあります。「そんな歴史的なストーリーに想いを馳せながら歩くことのできる、素敵な場所。高低差は100mほどなので運動量やコースの長さもちょうどいいから僕も好きなコースです」と清水先生も太鼓判を押しておられます。

休憩を終えて帰路へ。片道2.4km、休憩を入れて3時間30分のトレッキングは終了です。
「比婆山は季節を通して表情豊か。雪景色も素敵でした。五感を使って楽しめました」と参加者の男性。初めての女性も「楽しかった!」と笑顔を見せていました。

※(一社)庄原市観光協会主催の比婆山麓スノーシューでは、地元スタッフがガイド同行となります。

取材協力:清水正弘氏(山岳ガイド) ひろしま県身の森公園センター ひろでん中国新聞旅行

清水正弘氏プロフィール

健康ツーリズム研究所代表 鍼灸師 日本山岳ガイド協会認定ガイド
1960年兵庫県姫路市生まれ。「健康」と「山歩き」「旅」のプロとして国内外での「健康歩き講座」を企画監修・同行。紀行作家として旅エッセイやガイド本を発表するマルチ分野の行動人。

さとやまたいけん

体験・教育旅行

フォトギャラリー

よくある質問

twitter キョロやまくんのつぶやき

庄原市観光協会スタッフブログ

スマートフォン版の表示で閲覧